人と差が出る写真を撮ろう!

>

SNS映え用の撮影術

料理を上手く撮ろう

料理を上手く撮るポイントは4つあります。
1つ目は、なるべく明るいところで、そして自然光で撮影することです。
なので、カフェなどで写真を撮るときは窓際の席で撮影しましょう。

2つ目は、料理に関係ないものは写さないことです。
他のものが写ってしまうと肝心の料理があまりおいしそうに見えないのです。
注意しなければならないのは、定食などのランチセットは全体を収めるのではなく、映したいメインを1つだけを決めてフォーカスを合わせましょう。

3つ目は、料理を中心に置かないこと。
4つ目は、撮影角度は斜め45度を意識しましょう。
斜め45度は普段料理を見る角度と同じだと言われています。
この角度で撮るとリアリティーがでて美味しそうな写真になります。

風景を上手く撮ろう

最後の記事は、風景の写真の撮り方です。
すっごく綺麗!
と思って写真を撮っても意外と微妙になっていることもあると思います。
背景撮影のポイントは構図を考えることが一番大切なのですが、具体例が多すぎて紹介しきれないので、どの風景でも使える工夫を紹介します。

まずは、撮影時の時期や時間を考えることです。
実は撮影に行くのが大変な時間や季節ほど良い写真が撮れるのです。

次のポイントは空をどう撮るか、という点です。
美しかったり、面白い空だったら、画面の3分の2程度は空を写すといい写真が撮れます。
普通の空や、面白くない空は3分の1以内に収めましょう。

そして、どの風景であっても、夜明けと夕暮れはとても幻想的な写真が撮影することができます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る