人と差が出る写真を撮ろう!

>

一眼レフカメラでも撮影術

まずは設定で行うこと

まずはデータの保存形式をRAW+JPEGに設定しましょう。
何のためにこの設定を行うかといいますと、画像編集が格段にしやすくなるのです。

そして、大切なデータを守るためにバックアップは2か所以上にしておきましょう。
よく外付けハードディスクにのみ保存している人がいますが、これは危険です。
なぜなら意外と外付けハードディスクは意外と壊れやすいからです。
もし外付けハードディスクにバックアップを取っておくのなら、もう一つパソコンに保存したり、Dropbox、Google、などのクラウドに保存しましょう。

一眼初心者ならピント調整は自動で行ってくれるオートフォーカスに設定するのがお勧めです。
ピントが合ってない写真はいい写真とは言えないと思います。

一眼でしか取れない写真を撮ろう

折角一眼を手に入れたなら、一眼らしい写真を撮りたいですよね。
まずは一眼といえばボケ写真ですよね。
F値を低く設定することで背景がぼけやすくなり、絞りを優先してくれるAvモードにしましょう。
そうするとピントを合わせて写真を撮るだけで勝手に背景がぼけてくれます。

次に気を付けることは、光の当て方です。
スマホのところでも言いましたが、半逆光がお勧めです。
半逆光を作るには被写体の斜め後ろから光を当てることで作れます。

最後は長時間露出を利用した写真です。
やり方としては、Tvモードに設定、シャッタースピードを2~15秒に設定します。
シャッターをおして、設定したシャッタースピード時間内でカメラを動かしましょう。
シャッターが開いてる間の光の動きを一枚に収められます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る