人と差が出る写真を撮ろう!

誰でもできる!写真撮影の基本テクニック

スマートフォンでの撮影術

日々技術の発展が著しく、その中でもスマートフォンの新機能には驚かされるばかりですが、それに伴って性能がぐんぐん上がっているのがカメラ機能です。
一昔前には考えられなかったほど画質は綺麗になり、デジタルカメラに引けを取らない美しさです。
また、最近発売されたiPhoneⅩは、一眼レフのように程よく背景をぼかすことができます。

実際、私たちも生活の中で事あるごとに写真に様々なものを納めていますよね。
今回はそんな進化し続けるカメラの世界で、少しでも上手く撮れるポイントをたくさん紹介していこうと思います。

そもそも写真の上手い下手とはどういうことなのでしょうか?
上手い写真の第一条件として、ピントがずれていないことが挙げられると思います。
もちろん、わざとブレさせてそれが味がある、なんてこともありますが、予期せぬブレはなんだか残念な写真になってしまいます。
食べ物だったら美味しそうに撮れていれば撮れているだけいい写真といえそうですね。
そのために写真を撮るカメラマンは角度、光の加減、距離、などを気にする必要があります。

他にも被写体が物なのか、人なのか、建物なのか、風景なのかなどによって変わってきます。
こう考えると、写真を上手く撮るってなんて難しいんだろう、と思ってしまいますが、一番大切なのは自分がどのような写真を撮りたいかと思っているのかを知ることだと思います。
自分の中で撮りたい雰囲気がないと写真に統一感がなくなってしまうので、他の人のInstagramなどをみて自分の好きな写真の雰囲気を研究しましょう。

TOPへ戻る